• ホーム
  • 美肌を目指すならシミ対策は必須!そんな時にはトレチノインがおすすめ

美肌を目指すならシミ対策は必須!そんな時にはトレチノインがおすすめ

2020年01月18日
美肌の女性

1つでもできてしまうと一気に肌を老けさせてしまうシミ、若々しさをキープするためにもできることなら作らないよう予防したいものですが、気が付いたときにはすでにシミができていたという経験を持つ人も少なくないようです。年齢を重ねても美肌を目指したいならシミ対策は必須ですが、特にシミケアにおすすめしたいのがハイドロキノンとトレチノインという1つの有効成分で、これらの成分はシミの原因となるメラニンを薄くする作用が期待できます。

ハイドロキノンは肌の漂白剤という別名があるほど美白効果が高い成分で、美容皮膚科や美容外科クリニックといった美容系の医療機関でも実際に、この成分を配合した外用薬でシミ治療も行われています。ハイドロキノン単体でもシミ対策に効果は期待できますが、トレチノインを配合したユークロマプラスクリームやレチンAクリームといった商品を併用することによって、さらにシミを薄くする効果がアップするのでおすすめです。

そもそもシミはメラニンという黒い色素が肌細胞に沈着して起こる肌トラブルで、健康な肌であればターンオーバーの機能によってメラニンを含んだ細胞は古い角質として剥がれ落ちるので、シミができることはありません。若い健康な肌の場合、ターンオーバーは約28日の周期で行われていると言われており、メラニンが作られてもどんどん排出されるためシミになりにくいのですが、年齢を重ねるとターンオーバーの周期は長くなってしまいます。

ターンオーバーの周期が加齢と共に40日・60日とのびてしまうと、肌細胞にメラニンが留まる期間も長くなりシミができやすい状態となるため、加齢によってシミに悩む人が増えてしまうと言われています。トレチノインは肌の奥深くにある基底層という部分にまで浸透し、どんどん新しい細胞を作り出す効果を発揮し、肌の新陳代謝やターンオーバー促進といった働きによって、様々な美肌効果が現れるという成分です。

人の肌は基底層部分で新しい肌細胞が作られ、それが下から皮膚の表面へと上がってくることで、古い細胞は最終的に古い角質として排出される仕組みとなっているのですが、この作用でトレチノインはシミを薄くしていきます。新陳代謝のアップで新しい細胞を作りだし、どんどん細胞が作り出されることで肌のターンオーバー促進に繋がり、シミの元となるメラニンを含んだ細胞を古い角質として、スムーズに排出することでシミの改善効果を発揮します。

さらにトレチノインは新陳代謝を高めたり、ターンオーバーを促進するだけでなく他にもコラーゲン分泌をアップする作用によって、シワやたるみを改善するアンチエイジング治療としても用いられている成分です。

肌のハリ感や弾力性は、真皮層という部分にあるコラーゲンが十分に作られていることでキープできますが、肌のターンオーバー同様に加齢によってコラーゲンの生成量は減っていくとされています。

トレチノインは肌の細胞自体の新陳代謝を活性化する作用で、コラーゲン分泌を促し肌のハリ感や弾力性を高める効果が期待できるので、シミだけでなくシワやたるみに悩む人にもおすすめの成分と言えます。

他にも皮脂腺の働きをコントロールする効果もある成分ということもあり、皮脂分泌量が多くニキビや毛穴開きに悩んでいるという人にも、トレチノインを配合したユークロマプラスクリームやレチンAクリームはおすすめです。

シミの原因となるメラニンの排出を促進する、さらにコラーゲンの量を増やしたり、皮脂腺の働きもコントロールできるトレチノインは、美肌作りに効果的と言えるので美白効果の高いハイドロキノンと併用すれば、さらに美肌を作れるでしょう。