• ホーム
  • ルミガンのジェネリック、ケアプロストを買うなら個人輸入通販で

ルミガンのジェネリック、ケアプロストを買うなら個人輸入通販で

2020年03月08日

まつ毛育毛剤のルミガンは医薬品ですので、日本国内で手に入れようと考えた場合、この薬を処方している医療機関を受診して医師から処方箋をもらう必要がありますが、わざわざ医療機関に行くのは面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。ルミガンにはジェネリック医薬品となるケアプロストという商品もあり、そちらであれば医療機関を受診しなくてもインターネット通販を利用して自宅にいながら、まつ毛育毛剤を購入できるのでおすすめです。

ジェネリック医薬品と聞くと何となく効果が薄いのではと感じる人もいるかもしれませんが、先発医薬品と同じ有効成分が同じ量含まれているので、どちらを使用しても同等の効果を得られるようになっています。先発医薬品は数十億・数百億円という膨大な開発費用がかかっているので価格が高いという特徴がありますが、ジェネリック医薬品の場合は、先発医薬品のような開発費用はかかっていないため、安いというのも特徴です。

ルミガンのジェネリック医薬品に位置付けられているケアプロストも、ビマトプロストという同じ有効成分が1mL中に0.3mg含まれているので、まつげを育毛する作用や効果はどちらも同じとなっています。まつげケアとしてルミガンを医療機関で処方してもらうという場合、健康保険が適用されず自由診療となるため、支払金額は患者さんの全額負担となり1本につき相場は約3500円前後から5000円前後となっています。

1本処方してもらえば約1ヶ月間使うことはできるものの、医療機関を受診したときに支払う初診料や再診料、そして処方料といった費用がプラスされるのでまつげケアとして毎月、5000円以上の費用がかかるでしょう。日本国内で医薬品を手に入れる場合、医師の診察を受けるという以外に個人輸入代行業者が運営している、インターネット通販を利用するという方法もあり、この方法であればかなり安い値段で医薬品を買うことが可能です。

個人輸入代行業者とは購入者の代わりに海外から医薬品を通販してくれる業者のことで、この方法であれば医師の診察や処方箋がなくても、医薬品を家にいながらインターネットを介して購入できるようになっています。本来であれば医師の診察と処方箋が無ければ手に入れられない医薬品を、インターネット通販で買うというのは法律違反ではと不安に感じる人もいるかもしれませんが、必要な手続きを経て買うので何も問題はありません。

個人輸入代行業者によってケアプロストの料金は異なりますが、平均的な費用は1本につき約2300円ほどと、ルミガンを医療機関で処方してもらうときよりも半額程度の金額で購入でき、とてもお得です。医療機関の場合、通常は1ヶ月に1本のみ処方するケースがほとんどですが、個人輸入代行業者からの通販は、まとめ買いもできるようになっており、購入する本数が多ければ多いほど1本分の金額は安くなります。

中にはまとめ買いすることで1本分の価格が1000円台になる個人輸入代行業者もあり、毎日使い続けることで効果を発揮するまつ毛育毛剤を買うとなると、金銭的な負担が軽い方を選ぶのが得策と言えるでしょう。安くてもルミガンと同じビマトプロストが有効成分として配合されているので、まつげが濃く・長く・太くなる効果を発揮する、さらには使い続けやすい値段で買える個人輸入代行業者から通販するのがおすすめです。

ただし、海外から医薬品を通販している業者であれば、どこを利用しても良いという訳ではなく、正規品の医薬品を取り扱っている本当に信頼できる業者かどうかを、情報を集めて選ばなければいけません。10年以上の実績がある・サイトに氏名や住所、電話番号などが記載されており、それが正しい情報である・銀行振り込み以外にもクレジットカードでの支払いが可能など比較するポイントを抑えて業者を選ぶと良いでしょう。